一心堂について

表挨拶

代表取締役 山本学
代表取締役山本 学
一心堂のHPを見て下さり、ありがとうございます。

私たちは、1955年創業の歴史を持つ堺の和菓子会社です。手づくりにこだわり、
「美味しい」と喜んでもらえるお菓子づくりを心を込め続けてきました。
繁忙期には1日に1万個も販売する一心堂の看板商品 フルーツ大福は、
大きなイチゴが一粒丸ごと入った「いちご大福」をはじめ、スイカやメロン、桃など、
旬に応じた果物が味わえるように、いくつもの種類を販売しています。
多彩なラインナップになったのも、ひとえにお客様がお求めになるものを提供したいとの思いがあったからでした。
お客様を喜ばせたいという思いは会社全体に浸透しており、新商品の企画がスタッフから持ち上がることもよくあります。
そして、それらの企画には、社内一丸となって取り組んでいます。
また、近年は地元・堺以外のお客様へも喜んでいただきたく、百貨店や
インタ―ネット販売へも力を入れています。
今後も、スタッフ一同で力を合わせ、心を大切にして味にこだわり、変化を恐れず、
多くのお客様へ喜びを提供していきたいと考えています。

業方針

おいしいお菓子ですべての人を幸せにする

心堂のあゆみ

一心堂の歴史は、1955年に始まります。
和菓子の本場・京都で修行した初代が大阪市城東区に御菓子司 一心堂を創業。
さくら餅やかしわ餅など、「朝生(あさなま)」と呼ばれる生菓子を中心に取り扱う
小規模ながらお客様の足が途絶えないお店でした。
兵庫の老舗和菓子店で修行を重ねた山本 学が先代の意志を継いで2代目となった1972年、
現在の所在地である堺市東区日置荘原寺町に移転し、堺本店がオープン。
朝生のほか、カステラや栗まんじゅうなどのギフト商品も地元のお客様に好評でした。
そして、フルーツ大福の開発も開始。
甘みや酸味のバランス、冷蔵しても固くならない餅など、材料や配合、技術の研究を重ね、
お口の中に広がる果実の香りと柔らかなお餅の食感、あんの甘さが絶妙なフルーツ大福を完成させました。
その後、いちご大福を筆頭に、ぶどう、桃など、バリエーションを続々と増加。
従来の和菓子とは一線を画すフレッシュな味わいは大きな反響を呼び、現在は一心堂の看板商品となっています。
2007年のインターネット販売スタート、2012年の阪急うめだ本店開店など、
近年は堺市外のお客様へも一心堂の和菓子を味わっていただこうと事業展開しています。
また、真綿のようにやさしい食感のどら焼き「一心ふわどら」や、
洋菓子のエッセンスを取り入れた最中「たんとこころん」など、
新商品の展開にも積極的に取り組んでいます。

心堂の歴史

  • 1955年大阪市城東区にて開店
  • 1972年堺に移転 現在の堺本店が開店
    フルーツ大福の販売がスタート
  • 2007年インターネット販売をスタート
  • 2012年阪急うめだ本店 開店
  • 2018年近鉄あべのハルカス店 開店
  • これから関西地域でさらに
    愛される和菓子店になる